女性

相続のトラブルに巻き込まれたなら司法書士に相談しよう

面談時のチェックポイント

横浜で税理士を探す時は面談をして、わかりやすい説明をしてくれるかどうかチェックしましょう。説明がわかりやすく、なおかつ具体的な解決方法を提案してくれる税理士であれば安心です。税理士は安易に選ばず、時間をかけて探しましょう。

万一逮捕されたら

もし罪を犯してしまったら、強い実績ある弁護士事務所に頼むのがおすすめです。刑事事件の仕事が多い弁護士事務所は、面会の際に相談に乗ってくれるので不起訴や示談交渉で解決してくれるでしょう。相談は初回であれば無料なので連絡してみましょう。

専門家の解決サポート

高齢化の波が押し寄せる横浜エリアでは相続や相続税の問題を抱える人が増えていて、解決のためには専門家によるサポートが必要です。相談員が窓口となって全ての士業や専門家とのやりとりや手続きを進めてくれるサポートセンターが人気を集めていて、大勢の人が相談に訪れています。

生前準備がおすすめ

説明

経営者のなかには「自分が死んだ後のことが気がかり」とつぶやく方がよくいます。このようなことをつぶやく方が多いのは、事業を営んでいると有価証券や土地をはじめ事業負債や個人資産をはじめとする資産状況が複雑化するからだと考えられます。また事業において資産継承のトラブルを数多く見てきたことも大きいでしょう。そこで事業を営んでいる方におすすめしたいのが財産目録の作成です。財産目録は資産レポートとも呼ばれるもので、所有する財産を生前にわかりやすくまとめることで後継者のスムーズな相続を可能にするためのものです。この財産目録は司法書士に依頼することで作成できます。また司法書士が作成する財産目録には遺言状をプラスすることもできます。財産目録と合わせて遺言状を作成しておけば相続資産の分配をあらかじめ設定しておけるので、親族間における相続トラブルを回避する大きな手立てとなります。大阪ではこの財産目録と遺言状の同時作成が好評です。経営者が急死した場合には残された親族は葬儀準備などがあわただしく、相続準備などは二の次となってしまいますが、生前に財産目録と遺言状を合わせて残しておけば残された親族がスムーズに相続を行うことができます。大阪で相続で頭を悩ませている方は、大阪の司法書士に相談して財産目録と遺言状を作成しておきましょう。大阪の司法書士に相談して法的拘束力のある財産目録と遺言状を作成しておけば、相続に関する悩みを大きく軽減することができます。